>  > SAMCO サムコ STDエルボウホース FB325 80 40E6080

【4本購入で特典付】WEDS ウェッズ レオニス GREILA β 17インチ リム幅7.0J インセット+47 5穴 PCD114.3 BMCMC アルミホイール1本{0038279[9980]}

バッテリー トヨタ ハイエースコミューター LDF-KDH223B 平成22年7月- アトラス プレミアム 95D26R

マイナビ農業について

閉じる

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 漬物や炒め物におすすめな中国野菜 タアサイ・空芯菜・パクチョイ・マコモタケ・ザーサイ【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

SAMCO サムコ STDエルボウホース FB325 80 40E6080

最終更新日:2018年03月22日

中国野菜はその名の通り、中華料理などによく使用される野菜です。油との相性が良いので、炒め物と合わせたり、漬物として長期間保存することもできます。今回は、柔らかい葉が特徴のタアサイ、シャキッとした食感が楽しい空芯菜、白い茎がキレイなパクチョイ、タケノコに似たマコモタケ、漬物でもおなじみのザーサイなどを紹介します。

タアサイの紹介

タアサイは、アブラナ科アブラナ属の野菜です。クセがなくやわらかい葉が特徴で、丸ごと煮てもおいしくいただけます。ハクサイの仲間ですが、結球(※)しないパクチョイの変種です。
夏は立茎ですが、冬になると葉が地面に広がります。同じような形の「ちぢみほうれん草」の親野菜でもあります。旬は11月から翌2月頃です。

※結球…キャベツなどの葉が重なって球状になること。

鮮度の良いタアサイの見分け方

旬の冬場は、葉が平たく広がっていて葉が縮れており、黒緑色で光沢のあるものがおすすめです。夏場は茎が長く、葉が緑のものを選びましょう。

タアサイの下ごしらえとおすすめ調理方法

タアサイは火の通りが早いので、加熱は短時間にとどめます。油との相性が抜群なので、

SAMCO サムコ STDエルボウホース FB325 80 40E6080
ESPELIRダウンサス前後セットMJ34SフレアXG 4WD用 H24/10~H29/2!pivot(ピボット) スロコン 3-drive フラット ハーネスセット アルファードハイブリッド ATH10W.カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701 アドバン フレバ サマータイヤ 215/45R17 MANARAY FINAL SPEED GR-Volt ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +48 5穴 114.3,カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 TOYOTIRES トーヨー V-02e V02e サマータイヤ LT165/80R14 91*90 WEDS ウェッズ ヴェルヴァ KEVIN(ケビン) ホイールセット 4本 14インチ 14 X 5(JWL-T) +39 4穴 100

SAMCO サムコ STDエルボウホース FB325 80 40E6080

、炒め物やおひたしにする際には、ゴマ油や油揚げを加えるのがおすすめです。冬場は丸ごとのミルク煮、スープや鍋物にも良く合います。

空芯菜の紹介

空芯菜は、ヒルガオ科サツマイモ属の野菜です。空芯菜の他 HKS スーパーファイヤーレーシング M40i 6本セット NGK8番相当 プラグ セイバー UA3 50003-M40i SUPER FIRE RACING スパークプラグ【店頭受取対応商品】、ツウサイ、アサガオナとも呼ばれています。
熱帯アジアのツル性の植物なので 【送料無料】 215/45R17 17インチ BIGWAY ビッグウエイ B-WIN ゼナート 8(SBCポリッシュ) 7J 7.00-17 DELINTE デリンテ D7 サンダー(限定) サマータイヤ ホイール4本セット、耐暑性があります。主に、ツルの先20センチから30センチの若葉を食用にします。茎はシャキッとしており 、葉にねばりがあるのが特徴です。6月下旬から11月頃に出回ります。

鮮度の良い空芯菜の見分け方

きれいな緑色で、全体にみずみずしさがあるもの HOT BODIES RACING ホットボディーズ レーシング フェンダーレスキット カラー:艶ありブラック [2030-0670] CBR250R 2011-2012、切り口の色が変わっていないもの、茎に適度な弾力のあるものを選びましょう。茎は空洞になっています。

空芯菜の下ごしらえとおすすめ調理方法

炒め物、スープ、ゴマ和え、八宝菜などの料理と合います。茎と葉は別々に調理しましょう。
茎は裂き、冷水に入れるときれいなカール状になります。そのまま生のシャキシャキした食感を楽しむのがおすすめです。葉は加熱してぬめりを楽しみます。葉を加熱する場合は加熱時間が短いほうが、おいしく仕上がります。

1 2 3

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧

{yahoojp} {agri.mynavi.jp}